Home > 自分

<前ページ || 1 || 次ページ>
2013.12.05
主婦の健康診断  [ メニュー: 自分 ]
会社に勤めていた時は毎年、会社の健康診断が受けていましたが、
退職して気付けば10年!
10年間、一度も健康診断を受けていませんでした。

被扶養者向けの健康診断の案内は届いていたものの
なんとなく自分で申し込むのがめんどくさくて・・・・

10年経ったのを機に?重い腰をあげ、自分で申し込んで受けてみました♪

人間ドックはハードルが高いような気がして、、、
まずは一般健康診断を受けてみました。ちなみに無料でした★

横浜駅から徒歩数分の健康診断専門のセンターへ。
女性限定の曜日が設定されているので、みんな女性ばかりで安心!

健康診断のみの場合は、身体測定・血圧・採血・採尿など。
多少の待ち時間を含めても30分くらいで、あっという間に終了。

意外と簡単だった!!次は人間ドックやってみてもいいかも、と思いました。

結果は、郵送で2週間後くらいに送られてきました。


いたって健康♪と自分では思っていたんですが、血液検査の空腹時血糖が基準値を少しだけオーバー。
いや、あの時、そんなに空腹じゃなかったし、誤差の範囲でしょ、と思いつつ
これから少しだけ血糖値、気をつけてみようかな・・・と思いました。
自分で気づくってことが大事なのですね。

病気になってしまう前に病気を予防して、健康に過ごしていくために、
やっぱりたまには健康診断を受けようと思いました。


2013/12/05  11:08
投稿者: mamakocha

2010.09.21
5年ぶりくらいかな〜?!久しぶりに携帯を機種変更しました。
元々シャープだったので、またシャープのやつにしましたが
だいぶ使い勝手がよくなってる♪

携帯カメラ、1200万画素ってすごい。
ちなみに以前使ってたのは120万画素・・・
QRコードすら、ろくに読み取れないやつでした。。

サクサク使えて、だいぶストレスが少なくなりましたー。

PC派なもので、携帯は後手後手になってたんですが
今回はちゃんと新しい機種をゲットして、やっと携帯の便利さが分かってきました。

ちなみに電気屋で買ったんですが、ドコモの販売代理店(?)ということで
ドコモのオンラインショップと同じ値段でした。。。
だったら、オンラインで買えばよかったなぁ。

携帯メール登録しておくと、便利なサービスもいろいろですね!
---------
アレルギーっ子の防災ネットワーク
 登録しておくと、被災時、SOSを送るとアレルギー用ミルクなどの
 アレルギー対応食品を支援提供してくれるシステム。
 アレルギーがあるため、一般の配給品を食べることができない人のために。

横浜市防災情報
 防災情報など送ってくれます。
 光化学スモッグの情報とかも。

横浜市立みなと赤十字病院花粉情報メールサービス
 花粉や黄砂の飛散状況と予報を送ってくれます。

東急線運行情報
 東急線で遅延や運転見合わせなどが発生した場合、メールでお知らせ。

ココマップの小児救急のかかり方
 このページ↑に載っている横浜市の小児救急電話相談や救急医療情報センターの
 電話番号も、急病に備えて、電話帳に登録してます。

ピーガルくん子ども安全メール
 神奈川県警察より、子どもを犯罪から守るための情報を送ってくれるサービス。

消費者庁 子ども安全メール
 子どもの事故予防や対処法に関する豆知識的な情報を、毎週1回配信。
---------

携帯に登録しとくといい情報、あったら教えてください♪


2010/09/21  20:43
投稿者: mamakocha

2007.06.01
エコクラフト  [ メニュー: 自分 ]
冬の間はずっと休んでいたのですが、暖かくなってから一気にあれこれ作り上げました。

真ん中のと右側のは、石畳編みのバッグ。しっかり編んであるので頑丈です。
ただ、その分紙テープを多く使うので、バッグ自体がちょっと重いです。

左側のは、カラーボックスにちょうどぴったりの収納ボックス。これは、教室で作りました。なんとか3時間かからずに編めました。ちょっと曲がっているようなのはきっと気のせいでしょう・・・。

子育て中だとなかなかまとまった時間が取れないんですが、5分でも10分でも時間ができたときに、少しずつ編んでいけるのがエコクラフトのいいところだと思います。
手芸が大の苦手な私、もう3年も続けてこられたのはほとんど奇跡です。(笑)


2007/06/01  23:12
投稿者: tani

2007.04.10
新学期で・・・  [ メニュー: 自分 ]
今日から給食がはじまりました。そんな今日は早速、ママ友とランチ会。新学期のランチの話題は、転校してきた、あたらしいお友達だったり、互いの仕事のことだったり、小学校高学年になると受験のことだったり、前の学年とは苗字がかわってしまったお友達のことだったり・・・

日本では、2005年に親が離婚した未成年のこどもは約26万人だそうです。
いまの家族とふつーの暮らしを重ねられることの偶然と奇跡と感謝を感じたり、つらい時期を越えて、新しい家族をえて、新たな幸せをつかんだという便りには、友人の幸せを心から願うばかりです。

そんな今日、こんな本の紹介をみつけました。
パパどこにいるの(1470円)・おうちがふたつ(1680円)・恐竜の離婚(1680円)
ここまでは、日野智恵・建訳  明石書店、
HAPPYをさがしてあるこう(1050円)リビー・リース作 メイツ出版

先にあげた3冊は、アメリカの絵本シリースの「パパとママが別れたとき・・」というシリーズでの翻訳本です。家庭裁判所調査官だった訳者が、アメリカ視察で「親が離婚した子どものための専門書店があった!」ことに驚いて、そこで買った本をシリーズで翻訳したそうです。

「HAPPY・・」は作者自身が6歳で経験した親の離婚のときに、自分でみつけていったつらさを克服する30の方法を10歳で書いた本だそうです。メイツ出版は、親が離婚した子どもが抱える問題に対する世間の認識は低い。ストレスと正面から向きあった子ども自身の言葉を知って欲しいとコメントしていました。

友人だけど何をどうしてあげたらよいのか、よかったのか、もっと早くなにかしてあげられなかったのかとまわりのできごとに胸が痛みながらこの記事を読みました。

せいぜい私が思いうかべられることばは、ありきたりだけど、
「涙の数だけ強くなれるよ。アスファルトに咲く花のように。」とか
「ほうら足元をみてごらん、それがあなたの歩む道、ほうら前をみてごらん。あれがあなたの未来」
とかヒットソングの一節くらいなのが、なんだかなあ・・(^^;





2007/04/10  09:17
投稿者: yumiko104

2007.02.26
ここは書き込みがないねえ  [ メニュー: 自分 ]
このカテゴリーは、ずっと書き込みがなかったですねえ。自分のことは語りにくいもんね。
自分ということで、私、昨日自分より、子どもを優先してしまって、すごいためいきの山を築いてます。
もう昨年の秋から、大好きなアイドルのイベントにいくときめていたのに、チケットはもちろん、着ていく洋服もラゾーナいって、”清水きよみず買い!”してたのに、つい3日前になって、子どもの学校行事での大役が発表されてしまいました。そんな・・その他大勢ならまだしも、大役で、しかも、公会堂のステージときたもんで・・
すごくすごくすごーーーーーーく、悶々としたんですが、母してしまったんですよ!冗談じゃねえ!って思いながら母しちゃってさーー。あーあ。っていいながら、またため息が・・
次のイベントは地方なのだけど、飛行機のチケットは予約しました!つーか払った!

こんなとき、あなたなら、どっちをとりますか?

夫には、これで、一生文句いわれるくらいなら、イベントにいってもらったがマシって言われましたが、ここでイベントにいったら、こっちも一生文句言われるって思ったんですがねー。


2007/02/26  00:50
投稿者: yumiko104

<前ページ || 1 || 次ページ>