Home > 安全 > Page.3

<前ページ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次ページ>
2010.09.23
以前、ココマップで特集した子育てタクシー、港北区には運行する事業者がなく、都筑の事業者が下田の一部を配車エリアにしている程度でした。港北区でも走ってほしいぞ!子育てタクシーとずっと思っていましたが、さあチャンス到来!
あるタクシー会社さんが参入してくれそう!という話をきいて、お願いにいってきました。

 乗る側の私たちにも、あの会社でイヤな思いをした!っていうような話の一つや二つ、あるわけですが、運転手さんたちにもあるんだって。子ども連れのお客さんでイヤな思いしたってこと。そっか。お互いに、ほんの一部のことで、イヤになったり、苦手になったりしちゃうんだねー。

そりゃあ、泥のついたクツはかせたまんま遊ばせてたり、注意して逆ギレされたり、飲み物こぼされたり・・それでもあやまったり、拭いたり、とかそんなことしてくれたらいいんだけど、これががっつり逆ギレされちゃったりするんだって・・(ToT)
それとか、乗ってからマック食べはじめてごちそうさまーってそのまんま車中に袋ごとゴミおいてかれるなんて話もちまたの噂ではあるそうな・・・(@x@)、そんなことされたら、そりあ運転手さんも親子ギライのトラウマにもなろうというもの・・・

 お互い気持ちよく乗りたい!

 運転手さんはね、ワンメーターなんてぜんぜんイヤじゃないんだって。ワンメーターの間に靴脱いだり履かせたりがめんどくさいのも、こっちの言い分としてはあるじゃん。でもさ、それじゃ平行線だからさ、例えばちっちゃなシート、でなきゃバンダナ一枚、そんなん1枚でこどもの乗るところに敷くとかさ、パパっとくつのほこりはらうとかさ、そんなことでお互い気持ちよく乗れたらいいなあって思ったよ。私たちが自分から出して敷く分にはぜんぜんいいですよって言ってたよ。

 はたして、今日お願いにいったタクシー会社さんは、子育てタクシーとして動いてくれるかなー。ドキドキです。

ところで、この書き込みをどのカテゴリーにいれようか、って考えて<安全>にしたのは、ドライバーさんは安全第一だからね(^v^)


2010/09/23  16:32
投稿者: yumiko104

2009.02.03
mamakochaです。
昨日(2日)は、浅間山の火山灰、飛んできましたね。。。

幼稚園へお迎えに行くと、息子は咳と喘鳴(ぜんめい)がでていて、、、

喘鳴(ぜんめい)というのは、ゼーゼーヒューヒューという感じの呼吸音です。
息子はぜんそくがあるので、ぜんそく発作の時、こういう音がします。

お迎えに行った時点で、火山灰のことを知らなかった私はアタフタ。
「え〜!なんでヒューヒューいってんの??風邪ひいたのかな〜?」

帰宅後、熱を計っても熱はなし。
とりあえず、抗アレルギー薬を飲ませ、気管支拡張剤を貼っていたら、
携帯に、横浜市の防災情報通知メールが!
---------------------------------------
2月2日(月曜)午前8時現在、横浜市内で浅間山噴火に伴う降灰が観測されています。外出時は、降灰状況によりマスク着用、そして手洗い・うがいの励行をお願いします。
---------------------------------------
こんな感じの内容のメールが2日の15時頃、届きました。
この時初めて、「あ!それで車があんなに汚れてたのか!」と気付いた私。

息子の咳などの症状は、夜には治まりました。
気管支が弱い息子、火山灰の影響だったのかもなぁ、と思いました。
今日(3日)は幼稚園でマスク着用で過ごしてもらいました。

浅間山の噴火の影響があるとは、考えてもなかったことでしたが
気象庁の報道資料↓の降灰分布図を見ると、港北区も入ってましたね。
http://www.jma.go.jp/jma/press/0902/02e/090202asamayama2.pdf
(↑PDFファイルです)

ちなみに、横浜市の防災情報通知メールは↓こちらから登録できます。
http://www.bousai-mail.jp/yokohama/

設定は、カスタマイズできるんですが、例えば私の場合、
以下のような条件で、メールが届くように設定しています。
---------------------------------------
地震 :震度4以上
津波 :注意報・警報
気象警報・注意報 :大雨・洪水警報
光化学スモッグ情報 :受け取る
土砂災害警戒情報 :横浜市北部
緊急なお知らせ(区選択可) :受け取る(鶴見区、港北区)
河川水位(区選択可) :はん濫注意水位以上(鶴見区、港北区)
---------------------------------------

ところで、今日は2月3日節分でしたね。
節分といえば、大豆!ですが、アレルギーっ子の中には
大豆がNGというケースも少なくないかと思います。

成城石井で「鬼のあしあと」というべっこう飴をみつけました。

原材料:砂糖、オリゴ糖、水飴

シンプルな飴。
大豆の代わりに、「鬼のあしあと」で節分気分
というのもいいかも♪

形もかわいらしいし、節分だけでじゃなくて、
常時置いてくれないかな。

我が家の息子(アレルギーっ子)は、大豆は大丈夫なんですが、
食べ過ぎはやはりNGです。
同じく成城石井で、こんな小分け袋入りの豆を買ってきました。
原材料:大豆(【北海道産】遺伝子組み換え大豆ではありません)
鬼のイラストのほかに、福のイラストも。
我が家では、小分け袋のまま「おには〜そと!ふくは〜うち!」しました。
散らかり過ぎないのでよかったです♪
小分け袋には豆が4粒ずつ入ってました。
少しずつ食べれます。



2009/02/03  21:03
投稿者: mamakocha

2008.10.23
先日、10月2日、大和市にある大和保健事務所さんに招かれ、編集委員のTさんと一緒に、ココマップで特集した考えよう!家族のための「防災」について話をしてきました。

4年前、「小さい子どもを抱えて、震災などの災害にあった時、どうすればいいのだろう? 」という話題が編集会議で上がり、「防災」について、みんなでいろいろと考え記事にまとめたことがきっかけで、今回、大和保健事務所の方から声がかかりました。

当日は、当事者であるお母さんたちの前で、ココマップに掲載した内容を中心に、家族の命を守るために何ができるか、という話しをしました。
また、Tさんは、1995年の阪神淡路大震災を体験しており、震災直後の様子、避難所生活のこと など、実体験をそのまま話していただきました。

Tさんから後日、こんな感想が寄せられましたので、ココちゃん日記で紹介したいと思います。

「今回、こういう機会が与えられたことで、いろいろなことを思い出し、改めて防災について考えるきっかけになりました。
この日もお話したのですが、
「お役立ちグッズ」として、A4ぐらいの紙とマジックペン&ガムテープが意外に必要で役立ちました。
避難しているとき、自宅に居場所を記載した紙を貼ったり、避難所で、自分たちがここにいることを書いて貼ったり、一方で探している人の名前を書いて貼ったり…と
張り紙だらけだったのです。
「ここに人がまだ埋まっています。」などのちょっと怖い張り紙も倒壊家屋に貼ってあったことを思い出しました。
伝言ダイヤルや携帯電話など今ほど普及していなかったこともありますが、アナログな伝達が意外に重宝すると思うので、役立ったグッズにひとつ加えて覚えておいていただけると…と思います。」

さすがに、体験された方の話しは、とてもリアルで、参加された方も、「防災」について身近に感じることができたようでした。

この機会に、皆さんもココマップで掲載した 
考えよう!家族のための「防災」
を、ぜひ、もう一度見ていただけたらな〜と思います。



2008/10/23  18:44
投稿者: seki

2007.10.17
小学校の防犯授業  [ メニュー: 安全 ]
小学校でALSOKが社会貢献プログラムとして行っている防犯の授業がありました。保護者参観できるというので参加してきました。子どもたちには防犯用にとホイッスルと防犯の読み物のおみやげが渡されました。
6年生にはちょっと簡単すぎるようなプログラムな気もしました・・・
 そしたらその晩、兵庫県で家のすぐ前で小2の女の子が刺し殺されたというニュースでした。

暗い道には物音に気をつけて、急いで通り抜けましょう、防犯ブザーや笛を持ちましょうって聞いたばかりのこどもにそのニュースはあまりにも衝撃でした。

どうしてこんなことになってしまうのでしょうか。
怒りと悲しい思いとでニュースを聞いています。

仕事を持っている保護者も多いことでしょうし、鍵を持って一人で帰っている子どもたちどれほど恐ろしい思いかと思うと、耐え難いですね・・・

早く犯人を捕まえることがなにより犯罪抑止というのは本当にそう思います。






2007/10/17  23:29
投稿者: yumiko104

2007.09.09
グラっときたら・・・  [ メニュー: 安全 ]
先日ニュースで防災のマニュアルというか常識を変えてください!というようなよびかけをみました。
グラっときたら、火の元を消して!って思ってましたが、変わったのですってね。まず身の安全だって。そりゃそうだわ!って思ったけど、今まで確かに、グラっときたら、ガスを止めにいかなくっちゃ!って元栓しめて!みたいなふうにイメージしてました。
でもよくよく考えたら、都市ガスならばガス会社からの供給が自動的にストップするし、プロパンでも揺れたらとめるようになっているんですって。なあんだ!!って感じ。そういわれればそうだよね、当たり前か、身の安全って、言われてから納得したワタシ。
中越では、あわてて火を消しにいった方が、ヤカンやおなべがひっくりかえってきたのに直撃されてヤケドを追ったりしたそうです。
なるほど、火は後回しでも身の安全なのですねえ。
ってあたしだけ?え?常識?(^^;

小学校の校長先生が朝礼で面白い(って不謹慎だけれど)言ってました。給食時間熱いスープを食べているときに地震です、さてどうしますか?机の下にかくれるーー!スープが背中にこぼれてきました、熱いですよ、それでも隠れていますか?とさらに問う校長先生!
え?・・・・とコドモたち。校長先生、我慢してかくれていてください、背中にヤケドなら死にませんが、頭になにか落ちてきたら死ぬかもしれません。って・・そんな・・・

ちなみに学校の先生はすぐカーテンを閉めるというのがマニュアルだそうです、ガラス飛散防止のためだそうです、ふーーんそうか、言われると納得することが多いのが防災ですねえ。

ココマップ防災特集を、今一度のぞいてみたり、総務省HPに防災マニュアルhttp://www.fdma.go.jp/bousai_manual/index.htmlができたっていうので、そっちもみてみませんか?
せめてイメージトレーニングだけでもたまにしておいてもいいかもしれないよね。



2007/09/09  22:15
投稿者: yumiko104

<前ページ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次ページ>