Home > 安全 > Page.2

<前ページ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次ページ>
2011.03.15
私たちにできることは何か。ココちゃんは子育てひろば全国連絡協議会(以下ひろば全協)の呼びかけに賛同します。

ひろば全協では、心からの励ましと、支えあいの気持ちとして、掲示板によるメッセージと義援金を集めたいと考えました。
多くの義援金活動が立ち上がるでしょうから、ひろば全協では、「被災地の子育て支援拠点を中心とした子ども・子育て家庭支援団体へ限定した義援金」を送るそうです。

被災地の小さいお子さんを抱えた家庭の不安を考えると、非常時だからこそなおさら、子育てひろば・子育て支援センターの役割はますます現地で必要なものとなってくると考えます。

今こそ、全国の子育てひろば・支援センター一丸となって、励ましのエールを送りましょう。

ひろば全協のサイトから、義援金、エールについて送ることができます。ぜひご参加下さい。


2011/03/15  21:34
投稿者: yumiko104

2011.03.15
(No title)  [ メニュー: 安全 ]
このたびの大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。本当になんとも言葉にできない感情でいっぱいです。

小学生のわが子が「最近なんで"え〜しぃ〜”のコマーシャルばっかりなの?」と聞いてきました。今夜あたりから、バラエティ番組も再開になっています。繰り返される悲惨な映像には小学生や中学生も心に影響があるそうです。もちろん被災地の現実は映像どころではありません。そのことを思うと言葉もありません。

災害後の子どものケアについて、大阪教育大学の学校危機メンタルサポートセンターの野坂祐子先生からのコメントがありました。野坂先生は臨床心理士として事件後の附属池田小学校にかかわっておられ、PTSDの専門家でもあります。

【幼児のストレス反応】
・できごとのショック(ニュースなどによる)だけではなく、保護者や身近な大人の動揺した姿がストレスになることが多い。
⇒保護者は子どもの前ではできるだけ安定した態度でいるように。
  「大人同士の話」は、大人だけの場ですること。

・TVでは悲惨な場面が何度も報じられているので、それを見ることでストレス反応が生じることがある。
⇒子どもには最低限しかTVを見せないほうがよい。
 子ども向けのDVDを見せたり、外で遊ばせるなど、子どもの日常生活を大切にするように。

・ストレス反応として、もっとも多いのは「退行」
 わがままに見える行動や、ゆびしゃぶり・夜尿などが増えるのは自然なことであって、心配する必要はない。ましてや怒るべきではない。
⇒子どものストレス反応を、保護者や保育者がよく理解しておくことが重要。
・余震など、子どもが不安になる体験の際には、大人が寄り添い、「大丈夫だよ」と声をかけて安心させること。当面の間、いつも以上にスキンシップを増やし、安心させるよう心がけてほしい。
⇒「甘え癖がつくかも」などと心配する保護者がいるが、危機場面では、その心配はない。むしろ安心させたほうが回復が早い。

・(今後起こりうることとして)社会情勢が不安定になると、犯罪やさまざまなトラブル(デマや混乱なども含む)が起こることが多い。子どもの安全に気を配り、目を離さないようにすること。 また、大人同士が支え合い、協力し合う姿を見せることが子どもにとってとてもよいモデルになる。ストレスがたまらないように大人が精神健康を保つことが大切。

以上です。そっか大人の精神健康か・・・私の精神健康は・・アレだな・・(^v^)

おっと、話を元に戻して、そんな状況のなか、新田公園では、今度の日曜日20日に移動動物園のイベントが決行されると聞きました。非難もあるかもしれない、だけど、こんなときだからこそ決行しよう!と関係者の皆さんで話し合ったそうです。ポニーちゃんの乗馬などきっと動物たちが子どもの心をいやしてくれるはず、こどもの笑顔は大人たちもいやしてくれるはず。ぜひ遊びにいってくださいね。


■新田公園に移動動物園がやってくる!:ポニー乗馬コーナーや、ヨーヨー釣り、やきそば販売などお楽しみ多数!
●日時:3/20(日)10:00〜14:30荒天21日(月)
●場所:新田公園{新田地区センター(新吉田町3236)隣、駐車場無}
●入場無料、ポニー乗馬のみ1回100円、当日9:30より整理券発行
●お問合せ:やすらぎの家(月・水・金10:00〜15:00,TEL0455916480)
●主催:新吉田地区社協・後援:新吉田連合町内会




2011/03/15  21:13
投稿者: yumiko104

2011.03.10
タクシーにまつわるはなし  [ メニュー: 安全 ]
タクシーでヤな思いをすると、もう絶対その会社のタクシー乗らない!って思う話はけっこうよく聞きます。けど、逆もあるんだろうなあ・・そんなことあったら二度とちっちゃい子連れのお客さんなんか乗せたくない、って思われたり、厳しめにみられたりしちゃっても仕方ないよなあ・・・って思った話があったので、書いておこうかなって思います。あ、でもこの話、私の近所の話ではないので!そこのところ誤解なく読んでくださいね(^^;

ベビーカーをもって、小さいお子さんを連れたお母さんを乗せた運転手さん、マンションの下までついて、ちょっと子どもおいてきますね、とお母さんが行ったのでしばらく待っていたそうです。でも、30分待ってもお母さん戻ってこなくて、結局料金は支払われなかったそうです。状況想像してみると、急に赤ちゃんが吐いちゃったりしたのかな?おむつかえになっちゃったかな?おっぱいの時間ギリギリだったのかな・・なんていろいろ考えてみます。そんなこんなしていたら、お金払うの忘れちゃったのかな・・・
 あれ?今なんかしようと思ったんだけどなんだったっけ?ってことはもうしょっちゅうある私、そんな状況が思い浮かびます。

だけど、あとになって、ふっと、あ〜れ〜〜???って思い出して
もしかしてお金払ってない??あ”ーーー!!!!(ToT)
ってなって、一生懸命思い出そうと思ってもどの会社だったかわかんないよーー(ToT)
ってことだったのかもしれない・・・

きっとほんとはそんなことだったのかもしれない。
けど、その運転手さんにしたら、もう【親子】っていうくくりだけでトラウマみたいになっちゃっているみたい。

なんかさびしいというか残念というか・・

わすれんぼのわたしとしては、どの会社にのったか、覚えるようにしておこうかな。レシートもらうようにしておこうかな。なんて思った【事件】でした






2011/03/10  12:51
投稿者: yumiko104

2011.01.20
2月1日からサンタクシー(横浜市中区かもめ町20 電話:045-622-9923、Fax:045-622-9924)が子育て中の親子に優しいサービスを銘打った「子育てタクシー」のステッカーを貼って走る「子育てタクシーサービス」を開始することが決定しました!!

子育てタクシーという言葉は、全国子育てタクシー協会(http://kosodate-taxi.com/)の登録商標です。
子育て支援について協会所定の座学研修や、地域の子育て支援施設において実地研修を修了した会社・ドライバーのみが子育てタクシーとして表記できるようになっているものです。

このたび、サンタクシーが、NPO法人びーのびーのが運営している「おやこの広場びーのびーの」での研修を修了した4名のドライバーによって、2月1日にサービス開始が決定しました。
迎車料金300円+通常の料金です。

事前登録制で、あらかじめ予約があれば、4名のドライバーのなかでそのとき動けるドライバーさんが、気持ちよく迎えにいって、気持ちよく乗れるというものです。
ただ、まだ4名しかいらっしゃらないので、勤務体制やその日の状況によって、その方々がすぐに行けるとは限りません。
そんなときには、ふつうのタクシードライバーさんのサービスになることになります。

今は、タクシー会社の方々も、子育てにやさしいというのは何をすればいいのか・・????・・・と改めて考えだすと、頭が重くなるような雰囲気もあるのですが、小さな気配りがうれしいということを伝えていきながら、地元の子育て支援団体としてびーのびーのとサンタクシーが協働してサービスをつくっているところです。

利用者としてのご意見、ご要望どしどしお寄せくださいね。 
びーのびーの 子育てタクシー担当スタッフ
kosodate-taxi@bi-no.org
より


2011/01/20  15:16
投稿者: yumiko104

2010.12.11
年末になってきて、来年の手帳買わないとそろそろ、手帳の余白も限界になってきました。

ココマップ担当が注目してきた子育てタクシーは来年早々の時期の運行開始を目指して準備中!港北区では、全国子育てタクシー協会に加盟して運行するのはサンタクシーさんです。

今日はその打ち合わせ。どんなグッズが車内にあると乳幼児期にとって便利なのか、嫌味にならないように、利用しやすいように、そしてドライバーさんも気持ちよく運行できるためにはどんな利用の仕方がいいのか?けんけんがくがく、わきあいあいで話し合っていました。

そんなことをしていたら2011年がちょっと楽しみになってきたのでした。

来週は大好きなアイドルの久々のテレビ出演もあるし・・ふふふ。
楽しみ、楽しみーー(^v^)


2010/12/11  00:39
投稿者: yumiko104

<前ページ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次ページ>